2011年05月10日

国内旅行業務取扱管理者のための法令を学ぶ!

国内旅行業務取扱管理者 ポイントレッスン―まるごと覚える (SHINSEI LICENSE MANUAL) 国内旅行業務取扱管理者取得のための学習はまずは法令を覚えるところからとなりますので、昨日に続いて本日も『国内旅行業務取扱管理者 ポイントレッスン―まるごと覚える』を使って電車内での通読を行いました。通読も順調に進み昨日始まった「第1章 法令」についても今日中には全て読み終えそうです。この章で残るのは章末問題だけとなります。

 あまりに通読の速度だけ速いのと、この『国内旅行業務取扱管理者 ポイントレッスン―まるごと覚える』の読むページ数が少ないのか判りませんけど、実際に法令を覚えたどうかを確認する意味でもブログを使って再度学習をしてみる。

 営業保証金の供託の額(2億円以下:最低額)
・第1種旅行業 7,000万円以上
・第2種旅行業 1,100万円以上
・第3種旅行業  300万円以上
・旅行業者代理業   −

 旅行業務取扱管理者の職務
@旅行に関する計画の作成
A旅行業務取扱料金の掲示
B旅行業約款の掲示及び据置
C取引条件の説明
D契約書面の交付
E適正な広告の実施
F企画旅行の円滑な実施のための措置
G旅行に関する苦情の処理
H契約に関わる重要な記録又は関係書類の保管
※旅行業務取扱管理者は、営業所毎に1名以上選任し常駐が義務づけられている。
  また、1名の人間が複数の営業所の旅行業務取扱管理者を兼ねる事は出来ない。兼業の禁止


 旅程管理者
 企画旅行に複数の添乗員が同行する場合、統括管理者として有資格の主任添乗員が必要である。添乗員が1名の場合は、有資格者(主任添乗員となり得る者)の添乗員が必要である。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業務取扱管理者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200352626
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。