2005年11月19日

compTIA A+ 試験結果は!?

 数日ご無沙汰しております。というのも受難続きで遂に家族全員が風邪蔓延となりました。その影響もあり今日のcompTIA受験がどうかと思っておりましたが、何とか全快はしていないものの学芸会に出て行ったのでそのままプロメトリックへ受験に向かいます。

 今回は名古屋駅前のプロメトリックですけど、朝一番の受験で2科目なので最大4時間掛かります。しかし、学芸会のため12:00前には試験を終えて自宅に向かいたい気持ちもあります。

 受付時間が8:45となりました。試験すぐやっても良いか確認すると9:00頃ならOKとの返答だったので一服付いてから受験に向かいました。

 まずは第1科目compTIA Core Hardwareを実施、独特の言葉遣いとか見たことの無い問題が多数出てましたが、瞬間の感性だけで見直し無しで30分経過、思ったより判らないものだと思いつつ不安に駆られながら終了ボタンを押すと、586点で合格となりました。100点換算で65点となりちょっと情けないが合格なので良しとします。

 椅子に腰掛けたままインターバルの時間に5分過ごします。肩を回したり首を回したりしつつ、OS Technologiesの受験を開始します。こちらの問題は問題集と殆ど違いMac派の私にとっては特にWindowsXPが判りません。(苦笑) 何故かMS-DOSだけ判ります。こちらも開始から35分程度で終了し、帰宅時間に余裕が出ましたが、見直しする気もないですけど、かなりこちらは思っていた問題と違います。変な和訳の問題とかMCPクラスの問題とかでDAI-X出版の問題集だけでは高得点は難しいでしょうか。勇気を振り絞り終了ボタンを押すと、548点で合格となりました。100点換算で60点となり一般の資格試験の最低合格ラインでしたが、何とか2科目を1時間程度で終えることが出来た上に、A+の認定を受けることが出来ました。

 A+って思ったより難しい見たいですね。受験記等を読むと殆どの方が同程度のスコアであることを考えるとこの試験で高得点は難しいのか、それともあまり高得点で合格する必要が無いのか判りませんけど、説明はしづらいですけど、難しい試験でした。合格するだけならDAI-X出版の問題集2巡で良さそうですね。この試験では分野別のスコアが必要というようなCIWとかMOSのようなことが無いので今後にも影響なさそうなので合格して良しとしましょう。

 早速次に向かって動こうかと思ってます。月末のMOS EXCEL2002は別として、年内には30%キャンペーンで取得したSecurity+を受験せねばと思います。こちらは80%正解しないと合格しないようです。前回i-Net+を受験した時には85%程度だったと記憶してますけど、試験のレベルが違いますからね。しかし、今回のA+のような問題が無いのだけ救いです。これでやっとセキュアド受験で得た少しだけの知識を使えそうですね。

 とりあえず今日は休憩しますよぉ〜


 試験が終わり自宅に帰宅後ゆっりくと昼食を済ませた後に、学芸会で”ハンディカムお父さん”をして来ました。こちらは短時間で終わることが出来ず、みっちりと1〜6年生の劇を見ることに・・・(苦笑)

 ある意味有意義な日となりました。晴れ

(補足)
 compTIA受験日はそれ以外の予定もスムーズです。i-Net+の際には、予定に無かった車の免許更新(違反者講習付き)まで出来た。今後compTIA受験の際には、午後に初めから予定を入れておこうかと思ってしまった。
posted by ロンメル at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | compTIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9539939

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。