2007年02月08日

一級小型船舶操縦士受験結果発表!

 ちょっと忘れておりましたが、今日は一級小型船舶操縦士試験の合格発表の日でした。

 財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会の公式サイトを確認したところ結果としては、合 格ということでした。

 これで小型船舶操縦士の免許申請をする権利を貰いましたので、来週には合格証明書を受領し運輸局へ対して免許申請を行うと即免で発行となりますので、忘れると行けないため早々に行う予定です。

 一級小型船舶操縦士を取得はしましたが、この資格があっても公海上を航行することは皆無だし、船舶を操縦する機会も今後希なので価値があるかどうか・・・(苦笑)

 これで特別航海士等の取得を目指さない限りは、船に関する資格or知識の学習することはなさそうなので、5年に1度の講習会だけです。

 私でもこのように何とか取得出来ましたので、合格率は多分名古屋での同じ会場で同じ科目を受験した人が多分21名ほどでしたが、2名以外合格なので頑張れば取得出来ますので、是非皆さんも頑張って下さい。

(一級小型船舶操縦士ステップアップ試験のための学習教材)
小型船舶操縦士 学科教本〈2〉
1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 15:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

一級小型船舶操縦士ステップアップ試験終了!

 今朝はいつもよりかなり早めに起床して朝食&知事選挙(まだ受付2桁前半)を完了後、勇んで一級小型船舶操縦士ステップアップ試験の会場に向かった。

 着いたのは開始の30分も前でしたが、受験生は1桁程度と予想しておりましたが、1部屋に一級と二級が同時に受験するということで全体で40名ほどの会場でした。年齢層は一級が30歳代〜50歳代、二級が20歳代(女性多い!)という構成でした。

 あまりパッとしないような身体検査を受けて「合格!」と言われて筆記試験まで待ちました。その間に『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』及び『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を斜め読みして試験開始です。

 海図は本番試験での方が大きめで厚手の紙なので普段よりも使いやすそうですが、3問解くのに20分程度を要しました。それ以外は過去問が半分で後は知らない問題でしたが、何とか全てクリアして45分程度経過した段階で退室しました。

 模範解答が1時間程度後から掲示されるためマックで時間をつぶして確認したところ次のとおりでした。

○自己採点結果
・上級運航T 8/8問(50%以上合格)
・上級運航U 5/6問(50%以上合格)
・トータルスコア 13/14問(65%以上合格、92%正解)

 以上のようにマークミスが無ければかなりの確率で合格となりそうです。ホントは上級運航Uの不正解の1問も途中で見直して裏を読んで正解から修正してしまったのが残念です。

 この試験の結果は、2/8頃発表でその翌週くらいには運輸局へ免許申請が可能となりますので、まだ面倒なことが少し残ります。

 試験勉強を通して思ったのは職場の同僚が一緒に受験するから落とせないということと、IT系資格じゃなく苦手だったために予想を上回る学習をしたと自分自身では思ってます。ちょっと知識として普段から不足している分野だと感じました。(苦笑)

 これで次はMCAセキュリティ・ベータ試験を経由してビジネスコンプライアンス検定の学習ですが、2週間しか時間がありませんので、しっかりと気持ちを切り替えて学習に励むつもりです。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

明日は一級小型船舶操縦士試験!

 今日も忙しい1日でした。全然勉強の進まないということで明日の一級小型船舶操縦士試験はどうなるんだろうか。と不安もよぎりますけど早いものでとうとう前日ですね。

 昨夜から出来る限り進めるつもりの学習ですけども『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を使っての過去問学習は次のとおりでした。

○本番対策模擬試験
・問51-14〜問64-14 14/14問(正解率100%、満点合格)
・問51-15〜問64-15 11/13問(正解率84%、合格)

 スコアとしては何とかクリア出来ております。しかしそれ以外に海図問題の3種類のうち時刻を計算するものが分単位を算出するのが苦手で間違いやすいかなぁ、と思ってます。それ以外の天気図、エンジンの苦手2巨塔は解答を覚えてしまっているようであまり間違わないようです。(苦笑)

 これで『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』も1巡おえましたが、理論的な理解まで至っていませんので、今夜は無理しないようにしながらも『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』の理解を深めたいと思います。

 また勿論最後に軽く忘れないように海図問題のチェックをしないと危ないですね。明日は朝9時集合なので遅れないように早めに出発しますので、しっかりと頭に詰め込んだ状態で行くしかないです。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

一級小型船舶操縦士最後の追い込み!

 一級小型船舶操縦士に向けた過去問学習ですけど『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を使って早く終えようとしてますけど、海図があるので効率よく進むことは出来ていませんが、次のとおり進めました。

○本番対策模擬試験
・問51-8〜問64-8 12/14問(正解率85%、合格)
・問51-9〜問64-9 11/14問(正解率78%、合格)
・問51-10〜問64-10 12/14問(正解率85%、合格)
・問51-11〜問64-11 10/14問(正解率71%、合格)
・問51-12〜問64-12 11/14問(正解率78%、合格)
・問51-13〜問64-13 13/14問(正解率92%、合格)

 以上のようになりました。昼間海図以外を進めて夜間には海図をじっくりと進める方法で何とか進んでおりますけど、なかなか苦手とする問題では理解出来ていないけど、答えを覚えてしまっていたりとかホントの力は付いていないと言えます。

 出来れば、海図以外で10問正解出来ればそれだけで合格の可能性を秘めていますので、天気図とエンジン関係をどれだけ理解出来るか残り4日間に掛かってますので、努力を惜しまず今日も昼間は『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を使って基礎学力向上のために頑張りたいと思います。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

一級小型船舶操縦士過去問順調!

 昨日に続いて今日も一級小型船舶操縦士の過去問について『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を使って順次実施しております。その成果ですけど、次のとおりです。

○本番対策模擬試験
・問51-4〜問64-4 10/14問(正解率71%、合格)
・問51-5〜問64-5 11/14問(正解率78%、合格)
・問51-6〜問64-6 11/14問(正解率78%、合格)
・問51-7〜問64-7 13/14問(正解率92%、合格)

 以上のように低レベルではありますけど何とか合格基準だけはクリアしております。不正解問題ですけど、よく調べるとエンジンに関するものは勿論ですけど、段々と出来つつある海図がケアレスミスで数海里ずれたりして不正解になることもあるようなのでその辺を慎重に出来るともっと得点を伸ばすことが出来そうです。

 明日からは当然仕事ですので、じっくりと海図に時間を掛けることが出来ないので、今夜少し実施した後は明日からは『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を使って何とか天気図、エンジンの隅々まで覚えれるようにしたいところです。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

一級小型船舶操縦士の過去問は苦難続く!

 一級小型船舶操縦士の過去問を1巡しましたが、その後同じ問題ばかり15問ずつ実施してもあまり上達は望めないため本番試験同様に「上級運航T」及び「上級運航U」を通算で14問実施することにした。

 勿論使用するテキストは『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を使いまして、15パターン出来るのですけど現在まで最初から3パターンを実施してみました。

○本番対策模擬試験
・問51-1〜問64-1 12/14問(正解率85%、合格)
・問51-2〜問64-2 10/14問(正解率71%、合格)
・問51-3〜問64-3 9/14問(正解率64%、不合格)

 以上の結果となりました。9問正解と10問正解で明暗を分けるということが判りました。苦手な問題が「上級運航T」及び「上級運航U」に散らばっているので、最低正解率各々50%はクリア出来そうですけど、あとは合格基準の65%以上のためどの問題が出題されても10問は正解出来る実力が必要となります。

 普段から馴染んだ模擬試験方式の学習となりましたので、1パターンを実施して不正解問題を『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』でチェックし納得してから次に進む方式となりましたので、この方が慣れてますね。

 明日も日曜日ですけど、それほど多くは学習出来ないとは思いますけど、少しでも自信を持って本番に臨めるような実力を養いたいと思います。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

一級小型船舶操縦士は基礎から再出発!?

 ホント愚痴が言いたくなるほど出来の悪い一級小型船舶操縦士の学習ですけど、過去問中心の学習も『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』の最後の問64を終えたところです。その出来と言えば、11/15問(73.3%)でした。

 問54から問64までの11問とその前の問51から問53の海図問題3問での全14問が試験範囲ですけど、以上の過去問1巡の結果から考えると、海図の問51は大丈夫としてそれ以外は実施していないので、不明ですからそれ以外を正解率での単純な足し算で計算すると「上級運航T」及び「上級運航U」の個別条件で50%以上はクリアしてますけど、全体で総合した場合での65%以上というのはまだクリアは出来ていませんね。(苦笑)

 得点の上積みをするには、苦手な海図で最低2問は正解して天気図、エンジン関係でももう少し得点を取る必要があります。海図は明日からの週末に復習するとして、昨夜から今日に掛けては、気象、天気図を『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』の「第3章 気象・海象」を中心に精読してます。天気図の西高東低型は判るんですけど、同様に冬型の寒冷高気圧型というのと違いが微妙過ぎて判らないんですよねぇ〜、天気図を見るとどっちも西高東低になっているし・・・シベリア高気圧が大きく日本列島に掛かっているのが、寒冷高気圧型となるんだろうか。(謎)

 と言う風に他にも前線とかも判らないし、風向とか苦手なことがオンパレードです。気象関係だけで「第4章 荒天航法、海難事例」と合わせると2問出題されると思われるため落とせないところですので、甘く見ずに頑張りたいと思います。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ



posted by ロンメル at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

ちょっとピンチな一級小型船舶操縦士への道!

 地道な学習を進める一級小型船舶操縦士受験勉強ですけど、かな〜り気持ちが焦ってきました。(苦笑)

 学習の進捗具合は『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を使って過去問中心には進めていますけど次のとおりです。

1.本試験問57 8/15問(53.3%)
2.本試験問58 14/15問(93.3%)
3.本試験問59 11/15問(73.3%)
4.本試験問60 13/15問(86.7%)
5.本試験問61 8/14問(57.1%)
6.本試験問62 9/15問(60.0%)
7.本試験問63 8/15問(53.3%)

 以上のとおりです。全般としては海図3種類と最終の問題である問64を除き終了となりました。見てのとおり海難審判等一部のは受験には問題なさそうだが、問59以降の「上級運航U」では軒並み問題外のスコアです。一緒に受験する会社の機械関係の同志は「上級運航U」は殆ど問題無しだとか。(苦笑)

 私の場合、苦手な問題は@海図、A天気図、Bエンジンと3つもあり特に海図とエンジンは問題数も多いです。得意なのは@潮高、A海難審判だけと全体で2問程度か。

 もうすぐに1巡は終えることが出来そうなので海図を除いた科目についても復習の意味で『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を精読して過去問を想像しながら覚えるところは覚えるようにして学習を進めたいと思います。

 海図についてはやはり時間が取れる週末に距離を求めるもの以外2種類について再度『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』の解説に沿って再チャレンジするつもりです。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

難題は海図だけじゃない一級小型船舶操縦士学習!

 タイトルのとおりホンマに一級小型船舶操縦士受験のための学習で苦手とする問題は海図だけじゃなさそうだ。(苦笑)

 昨日お伝えしたように海図も四苦八苦ですけど、少し海図をおいておいて全般を一度は実施しないと困るということで『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を使って過去問中心に実施してみた。

1.本試験問54(航行準備のような問題) 14/15問(93.3%)
2.本試験問55(天気図に関する問題)  9/15問(60.0%)
3.本試験問56(潮時潮高算定の問題)  15/15問(100%)

 以上のようになっております。問54については、『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を覚えていたというよりも常識的に考えて答えたら概ね良好という結果でした。問56は全く同じやり方の計算を15問やっただけですので面倒なので係数を掛けるのに電卓でやっちゃいました。(笑)

 問題は問55の天気図です。天気図がそのまま書かれているのは、いつの時期の気圧配置、特定の地域の天候等々今までの経験で判ることもあるんですけど、天気図が書かれておらずに文章だけで問われている問題はちょっと想像出来ないです。勿論どういう時にどういう雲が発生しどう影響するかも苦手であることに変わりはないです。再度『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を使って理解を深める必要ありです。

 上級運航Tは海図を除くと問57〜58の30問です。それを早めに終えてから、エンジン関係の多い苦手な上級運航Uへと進めたいと思います。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

一級小型船舶操縦士の海図に四苦八苦!

 一級小型船舶操縦士の超難関であると言われる海図問題について演習を続けていますけど、週末である昨日からも勿論のこと時間を割いて学習を進めています。

 『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』の中の「(3)「問53」実航針路・速力、海流等の流向・流速を測定」の3問ある演習問題を順次実施したところ何となく判ったような感覚になりつつありますけど、面倒ですぐに忘れてしまいそうな問題の解法ですね。

 その後も『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』の「(1)「問51」航程、所要時間を算出」の問51-1〜51-5まで実施したところ嫌々実施しているので1時間程度時間を要しましたけど、全て正解です。航程等を求める問題は嫌気さがなければ何とかなりそうな感じもあります。残り10問もありますけど、あまり学習したくありませんね。

 「(2)「問52」船位を測定」では自差を考慮する必要がありますけど、覚え方としては、”ウエスト(W)は細い方(−)が良く、イースト菌(E)はデブ(+)のもと”と覚えることにしました。(笑)

 しかし、海図問題も残り全体として40問残っていますので、受験本番までには必ず1巡を終える必要がありそうですが、時間が掛かりそうなので、それ以外にもディーゼルエンジン等の問題も苦手としているので、そちらを優先して『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』との併用での学習を進めたいと思います。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

受験日決定!(一級小型船舶操縦士)

 今更かも知れませんけど、昨日財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会へ出向いて早速一級小型船舶操縦士の予約を行いました。

 
一級小型船舶操縦士 2月4日(日) 受験決定!


 ということですが、予約の際に気づいたことですけど財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会で願書を出して暫くすると受験票を貰えるんですけど、受験者が全くいない状態でかなり焦りましたけど、事前の説明を受けていると途中で同じ日に受験する同志が現れたので一人じゃなさそうでホッとしています。(苦笑)

 身体検査と上級科目の受験だけですけど、それだけで9,100円もするんで驚きです。その上合格したら再度財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会を訪れて合格証明書を貰ってから運輸局へ申請するようですけど、合格したら番号だけで判るようにして欲しいですね。何度も出向くやり方って他の資格試験ではなくなりつつあります。

 それはさておき受験まで2週間あるので焦りは無いけど、その後のビジネスコンプライアンス検定の受験票も届き一級小型船舶操縦士終了後2週間しかインターバルが無いためそちらも少しはやりたいので、まず本題の方を1巡終えてからと思い『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を次のとおり実施しました。

○上級運航U
・第2章 機関故障時の対処

 これでこの範囲はとりあえず1巡終えましたので、難題である海図の方を『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を使って始めました。過去問の前のページに詳細な海図の解き方の演習が3種類×3問あります。海図は(1)「問51」航程、所要時間を算出、(2)「問52」船位を測定、(3)「問53」実航針路・速力、海流等の流向・流速を測定等の3種類が出ますけど、その内の(1)、(2)に当たる部分を3問ずつやり方に合わせて解いてみました。”航程や所要時間”は面倒ですけど、難なくクリア出来ますが、”船位”についてはコンパス方位と磁針方位との自差の調整など判りづらさもあります。情けないのは方位をコンパスローズを使って海図に落とす時に船から見た方位と気づかず目標地点からの方位で記入して全く180度ずれていたのが情けなかった。(苦笑)

 この後は『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を難しそうな”実航針路・速力、海流等の流向・流速”ですけど、演習問題の3問と過去問が各々15問ずつありますのでそれだけやれば覚えれるんじゃないかとも思ってます。

 海図問題を解くのは面倒で1問の所用時間も掛かりますけど、しっかり悔いなく学習して備えたいと思います。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

一級小型船舶操縦士のため願書を入手!

 そろそろ一級小型船舶操縦士に向けて受験申込をしなければ・・・という思いでしたが仕事が忙しく、昼間の通常勤務時間しか受付していないと言われる財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会の中部支部へ出先の仕事の合間に行って来ました。

 名古屋市民会館傍のビル内だったのですけど、駐車場が無いため数分のことだったので某郵便局の駐車場を拝借してしまいました。(失礼)

 財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会の受付に行くと一人の女性が現れ対応してくれました。

 ロン「あのぉ〜一級小型船舶操縦士の試験のための願書を頂きたいのですが。」
 女性「こちらの席にお掛けになって下さい。」
 〜 言われるまま座るロンメル、その間に女性は資料の準備をする 〜
 女性「一級を受験される場合は〜(中略)〜です。」
 ロン「更新から1年以内の場合の身体検査が必要かどうか、住民票の写しはどうか。」
 女性「身体検査は受検の際に更新時のは利用出来ません。住民票の写しは合格時に本紙を提出するためそのコピーで可能ですが、自動車運転免許証で本籍・現住所が確認出来るためそれでも可能です。」等々

 以上のように接客頂きゆっくりと詳しく説明をしてくれ、昼休み等受付不可とホームページにはあったが、お金の関係があるため17時では間に合わないが、9時以降16時30分頃までは大丈夫とのころでした。何故かゆっくりと詳しくお聞きして雰囲気としては、お茶でも出てくるような雰囲気で足を運ぶのも悪くないと思った。目標としては2/4受験したいので、1/29までに何とか再度訪問したい。

 学習の状況ですが『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を使って次のとおり進めました。

○上級運航U
・第1章 機関の保守整備

 これで殆ど『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』が終わりそうなのでそろそろ海図等の演習に入る必要があります。海図は『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』に詳細に記載されていますので、それを参考にしながら進めたいと思います。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

一級小型船舶操縦士への学習3日目!

 一級小型船舶操縦士への学習も3日目となりました。相変わらずあまり好きじゃない範囲の学習なのでホント進みませんね。実際に操舵するのは問題無いんですけど、そのための学習となると車の運転免許証と同じくらい嫌いだろうか。(謎)

 さて学習の方ですけど、『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を使って次のとおりの進み具合です。

○上級運行T
・第4章 荒天航法、海難事例
○上級運航U
・第1章 機関の保守整備(途中)

 以上のようになっておりますけど、上級運航Uはどちらかといえば機械分野のためエンジン類の整備が主になっており1ページ読むだけでも苦痛であまり頭に入りませんね。(苦笑)

 上級運航Tは1巡を終えたので遊び半分に『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』を使って数問やってみましたけど、理解しているのか常識で判るのかですけど、正解出来ますね。この調子だと上級運航Tは海図問題が3問ありますけど、全問不正解でも5/8問でセクション毎の50%以上はクリア出来ますけど、その場合上級運航Uで相当頑張らないとね。(苦笑)

 まずは早い段階で、『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を読破して海図問題の演習をする必要がありそうです。

 それよりもまずは、一級小型船舶操縦士のステップアップのための身体検査及び筆記試験の申込をする必要がありますね。試験を主催する財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会の各支部へ申請書を貰いに行ってから記入し、住民票の写し等々を準備して受験料ともに納めるため1日休暇を取らないと・・・

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

一級小型船舶操縦士へ学習続く!

 一級小型船舶操縦士ステップアップ試験へ向けて残り半月ほどとなりましたので、そろそろキチンとした形での学習をしなければどうしようもないので夜寝る前、昼休み等を含めて少しだけでも『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を読むようにしてます。

 現在までの『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を使った学習状況ですけど次のとおりです。

○上級運行T
・第3章 気象・海象

 以上のような程度ですけど、内容としては慣れない気象工学の範囲ですので、辛いですけど、1つ勉強になったのは、視程が1km以下のものを「霧」と呼び、視程が1kmを超えるものを「もや」というそうだ。私は今まで厳密にそういう区分けがあると知りませんでしたけど、「もや」の方が「霧」よりも薄いという感覚だけでしたね。(笑)

 天気図の種類も多数あるので少しずつは覚えて行こうと思っていますが、如何せん苦手な分野ですので、1度や2度読んだ程度で覚えれるかは微妙なところです。(苦笑)

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

コツコツと一級小型船舶操縦士へ!

 MCP70-444受験し無事に合格した後の週末ですけど、少しだけ気が抜けた状態ではありますけど、少しだけは学習しようと思いまして滞っている状態である一級小型船舶操縦士へのステップアップ試験の対策をしようと思ってます。

 受験予定は今のところは、2/4頃を予定しておりますけど、まだ願書を貰っていないし住民票の写しとか諸々手配する時間があるので詳細は不明ですけど、進めて行こうと思います。

 早速『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』を使ってまずは、上級運行Tからスタートしております。

 上級運行Tは試験としては、本番では8問出題されますけど、その中には難敵の海図があります。海図を学習するには三角定規、コンパス、デバイダが要りますけど、その準備は終えましたけど、学習するには時間が掛かりますので上級運行Tの内容を順次精読することにしております。

○上級運行T
・第1章 航海計画
・第2章 救急設備、通信設備

 以上の範囲です。海図問題が実務でやっていないので通読だけで後でやるのでそれ以外の範囲を中心に読んでいってます。

 普段受験勉強しているIT系資格と少し趣が違うため取っつきにくいですけど、現在の資格取得のために以前学習しているのでやれば大丈夫だと信じて学習したいと思います。

 なお、海図についての解き方は『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』の方の前段に詳細に書かれているので順次実施したいと思います。

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

posted by ロンメル at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

一級小型船舶操縦士へステップアップ!

 ブログのタイトルと異なる話題ですけど、私自身当面の目標とする資格「一級小型船舶操縦士」ですけど、取得時は四級でしたが、現在は「二級船舶操縦士+特殊+特定」という資格に移行されています。

 私の場合が、「一級小型船舶操縦士」へのステップアップをするためには、次のことが必要となります。

・身体検査
・筆記試験
 ※科目免除のため上級運航T、上級運航Uの計14問のみ受験
 合格基準は、上級運航Tが、4/8問、上級運航Uが3/6問となりますが、全体で65%以上が合格となるので、海図の問題が苦手なのでスコアとしてはさほどでは無いものの心配を感じています。

 早速ですけど、Amazonから『小型船舶操縦士 学科教本〈2〉』と過去問題集である『1級小型船舶操縦士(上級科目) 学科試験問題集〈2006‐2007年版〉』が届きました。まだすぐにどうするものでは無いですけど、受験日を心の中では1/21と定めていますので、年明けすぐの申込日を忘れずにしたいと思います。

 なお、この「一級小型船舶操縦士」を取得したらどうなるか?ですけど、私の場合はペーパー船長ですので、多分それは変わらないと思います。漁船に乗る訳じゃ無いけど、通信士の資格もあるのでほんまにマグロ釣り漁船に乗った方が良いかな。(苦笑)

宜しければポチっと押して下さい。
banner_02.gif にほんブログ村 資格ブログへ

posted by ロンメル at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

IT資格じゃないけど(小型船舶操縦士)

 セキュアド試験目前でそれどころじゃ無いけど、今日の運動会で疲れて帰ってからは、次週のセキュアド試験の受験票の写真と別にウィークデーに受ける面接のための写真をデジカメで撮影し必要な大きさに切りセッセと作業でした。
 その後、別の面接用の履歴書のようなものを記入する際に、資格欄への記入する際には何故かIT系資格は私は書かないです。(笑)

 いつも記入する資格は、『普通運転免許』、『四級小型船舶操縦士』、『2級電気工事施工管理義士』、『第1級陸上特殊無線技士』くらいですね。それで平成10年に取得している船舶操縦士だったのですが、確か名称が変わったことを思い出し、ネットで検索すると・・・

 H15.5.31までに取得した資格が1、2級の人は、1級となり、3、4級の人は、2級となるようです。合わせて水上バイクの資格が”特殊”ということになったようなので、私の正式な資格名は、多分ですけど、『二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士』のダブルになるんだと思います。そうでなければ今の二級との違いが判らない。簡単に言うと昔、現在60歳以上の方が普通運転免許を取得した際にはもれなく二輪が限定解除だったとか。それと同じことだと思います。
 ただし、5海里以内は変わりません、デカイ船には乗れるようですけど、漁船に乗れても仕方ないですね。(ヤマハのボートのサイトにわかり易い説明を見つけました。)

 現在も小型船舶操縦士免許取得する人は多いんだろうか?私は、愛知県近郊の以前に”日本チャレンジ”というヨットの母港だった蒲郡市の港で取得しました。確か20数万だったように記憶してますが、殆どレンタルで借りるのも大変で更新するだけです。これから恋人同士、家族での利用を考えるなら株を上げれるようにも思います。

 セキュアド学習も寝る前に少しだけでもやりたいッス。
posted by ロンメル at 22:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 一級小型船舶操縦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。